外国人向けの東京賃貸・シェアハウス

このサイトについて

日本語

外国人が東京に住むならどこ?おすすめの場所と賃貸・シェアハウスの探し方

  • 留学生
  • ワーキングホリデーの方

最終更新日|

日本ワーキングホリデー&留学編集部

外国人が東京に住むならどこ?おすすめの場所と賃貸・シェアハウスの探し方

外国人が東京に住むならどこ?おすすめの場所と賃貸・シェアハウスの探し方

一言で東京と言っても、場所によって特徴は大きく異なります。例えば、オフィス街の丸の内、若者の流行の発信地と呼ばれている原宿、世界一の巨大ターミナル新宿など、それぞれの地域性や住みやすさには大きな違いがあります。ワーキングホリデーや留学、仕事のために来日し、東京で賃貸やシェアハウスを探している外国人にとっては、土地勘が分からないので、どこに住めば良いのか、選ぶのは決して簡単ではありません

せっかく東京に住むのであれば、自分が憧れの街や人気が高い場所に住んでみたいと思う外国人は少なくありませんが、東京で人気が高い場所は、その分家賃も高めに設定されています。無理して家賃が高い人気エリアに住んでも、金銭的に苦しくなってしまっては、余暇も楽しむことができません大切なのは自分の予算の範囲内で、希望するライフスタイルを実現できる場所に住むことです。例えば、自炊中心の外国人であれば、激安スーパーが多い場所がおすすめ。外食が多い外国人であれば、格安で美味しい飲食店が充実している場所が良いでしょう。

本特集では、東京各エリアの特徴、家賃相場、利便性をわかりやすく解説。また、東京の賃貸・シェアハウスの探し方や、外国人におすすめの場所についても説明します。さらに、東京賃貸住宅や、東京シェアハウス探しに役立つアプリ及び賃貸情報サイトも厳選。これから東京に住む外国人の方や、東京の賃貸住宅・シェアハウスを探している外国人は、本特集を参考に、自分が好きな場所を選択し、条件に合った部屋を効率的に探しましょう。

※東京の家賃相場は賃貸情報サイトsuumoの統計資料を参考にして、作成したものです。

外国人におすすめの東京賃貸住宅探しに役立つアプリ

月間80万人が利用する賃貸情報アプリ。無料アプリをダウンロードし、無料会員登録後、希望の賃貸条件を選択することで、条件に合う賃貸物件の情報をチャット上で提案してくれる。部屋に関する質問や相談、家賃交渉など、経験豊富な不動産のプロがチャットで対応。チャット対応時間は日本時間10時から23時まで、忙しく不動産屋さんに行けない外国人も利用しやすい。通常は家賃の1ヵ月分必要になる仲介手数料が半額になり、賃貸の初期費用を節約することができる。部屋の見学はチャットで予約し、店舗に行かずに物件前でiettyの営業マンと待ち合わせればOK。利用できるのが東京、神奈川、埼玉、千葉の首都圏の賃貸物件に限定されるが、アプリで簡単に賃貸物件を探すことができるので、日本語ができる外国人は上手く活用すると良いだろう。

ietty(イエッティ) アプリを無料ダウンロード

気に入った部屋が見つかるまで、全部チャットでやりとりするので、不動産屋さんの営業マンと対面で話す必要がない点が最大な特徴。日本語コミュニケーションが苦手な外国人でも営業トークに乗せられず、安心して利用することができる日本時間9時30分から深夜0時までチャットで対応してくれるので、気軽に相談することができる点も大きな魅力。イエプラでは、東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・京都・兵庫・奈良(一部エリアを除く)の賃貸物件を紹介可能。入居予定日が半年以上先の場合、対応できないが、希望条件に合った最新の賃貸情報はアプリやメールで紹介してもらうことができるので、東京で賃貸住宅を探している外国人の方はぜひダウンロードしておこう。

イエプラ アプリを無料ダウンロード

目次

外国人におすすめの東京に住む外国人におすすめの場所

東京都は、東京23区、多摩地域、島嶼部の3地域に分かれています。東京23区の都心部は、JR山手線沿線の主要駅(東京、新宿、渋谷、品川、池袋、上野など)や、地下鉄の主要駅(六本木、青山、大手町、霞ヶ関、赤坂など)を中心として、複数のエリアで構成されています。千代田区、中央区、港区、新宿区、渋谷区等、JR山手線の内側は家賃が高い傾向があり、都心から離れれば離れるほど家賃が安くなります。また、東京23区以外のエリアは東京都心部のベッドタウンとして機能しており、家賃相場は23区と比較すると低めです

日本で家賃が最も高い都道府県は東京都です。外国人が東京で一人暮らしする際の平均家賃相場は月8万円です。同じ東京でも、場所によって家賃は大きく異なります。東京のエリアごとの特徴や家賃相場を知っておけば、効率的に東京で部屋探しができ、満足する部屋を見つけやすいでしょう。

ここでは、東京各エリアの特徴や平均家賃相場、おすすめの場所を解説します。東京で賃貸住宅やシェアハウスを探す際、ぜひ参考にしてください。

池袋エリア(文京区、豊島区、北区、荒川区、板橋区、練馬区)

池袋エリア

文京区は東京都内で犯罪率が最も低いエリアなので、一人暮らしをする外国人の女性も安心して生活できる街です。東京大学やお茶の水女子大学など有名な日本大学があり、アクセスも良いですが、家賃相場は1R 9万円と少し高い傾向があります

板橋区と隣の練馬区は、庶民的な住宅街が広がっており、大きなオフィス街や繁華街が少ないものの、便利な池袋へのアクセスが良いため、住みやすい地域と言えるでしょう。駅によって、少し異なりますが、商店街やスーパーが充実している所が多い傾向があります。家賃相場が1R 7万2千円、1K 7万7千円、東京23区の中でも家賃が安い物件を比較的探しやすいので、家賃を安く抑えたい外国人の方におすすめです。

新宿エリア(新宿区、中野区、杉並区)

新宿エリア

東京で最も外国人が多いエリアが新宿区です。特に中国人と韓国人の多くがこの地域に住んでいます。繁華街の歌舞伎町、新大久保などは治安が悪いイメージが強いものの、繁華街から少し離れた、若葉や下落合などの住宅街になると、治安にも問題はありません。新宿区内で11路線の電車を利用することができ、東京都内はもちろん、千葉県や神奈川県、埼玉県にも簡単にアクセスできます

杉並区では、高円寺や荻窪など東京の人気エリアがありますが、家賃相場は1R 8万円と平均的な水準に収まっています。東京の人気エリアに住んでみたい外国人の方におすすめの地域と言えるでしょう。また、新宿や渋谷、池袋まで近く、交通も便利です。自転車の盗難事件はやや多いものの、新宿エリアでは犯罪率が比較的に低いため、駅周辺から少し離れる場所であれば、外国人女性でも安心して暮らすことができます。

渋谷・目黒エリア(目黒区、世田谷区、渋谷区)

渋谷・目黒エリア

目黒区は全体的に治安が良く、おしゃれな街です。高所得者向けの物件が多いため、平均家賃は1R 9万6千円・1K 10万6千円と他の地域と比べても高水準。留学生や給料が高くないワーキングホリデーの外国人が気軽に住めるエリアではありませんが、学芸大学駅周辺であれば、家賃相場が1R 8万3千円・1K 9万2千円と、目黒区内では比較的安く住むことができます。通勤ラッシュ時は電車が混雑しますが、乗り換えなしで渋谷や横浜に行くことができる点も大きなメリットです。

世田谷区は高級住宅街が多く、家賃相場が1R 8万7千円・1K 9万5千円と、相場と比較すると、少し高めですが、商業施設が充実しており、外食が多い外国人でも暮らしやすい地域です。なかでも若者に人気があるエリアが明大前です。近くに明治大学があり、学生が多いので、家賃相場が比較的に安く、1R 7万6千円前後で賃貸物件をみつけることができます。生活用品が揃っている大型スーパーはありませんが、学生向けの安い飲食店が充実。電車2分で下北沢に行くことができ、渋谷へのアクセスもよいので、20代の外国人がおすすめです。

秋葉原・品川エリア(千代田区、中央区、港区、品川区、大田区)

秋葉原・品川エリア

大田区は秋葉原・品川エリアで最も外国人が多い地域です。工場が集まっている場所と「田園調布」、「山王」などの高級住宅街に分けられます。大田区の行政・商業の中心地である蒲田は、交通の利便性の良さが最大の魅力です東京駅にも羽田空港にもアクセスしやすく、出張や旅行、一時帰国が多い外国人の方におすすめです。蒲田の家賃相場は1R 7万5千円、駅周辺は商店街があり、スーパーやドラッグストア、飲食店が多く、買物に便利です。

浅草・上野エリア(台東区、墨田区、江東区、足立区、葛飾区、江戸川区)

浅草・上野エリア

新宿エリアに次ぐ外国人が多いエリアであり、特に江戸川区、足立区、江東区は外国人が多い傾向があります。浅草や上野動物園、スカイツリー、アメ横などの観光名所が充実しており、賑やかなエリアですが、夜は治安面で不安がある場所も多いため、治安を重視する一人暮らしの外国人女性にはお薦めできません

学校や仕事の関係で、浅草・上野エリアで賃貸物件を探している方は、足立区の北千住駅で探してみましょう。北千住駅は5路線を利用でき、交通の利便性が高いが大きな魅力。また、駅周辺はマルイやルミネなどの大型ショッピングモールに加え、スーパーや商店街も充実しており、買物にも便利です。北千住駅の周辺は犯罪発生率が高いものの、駅から徒歩15分以上離れると、犯罪率が下がります。

東京23区以外のエリア

東京では電車網が非常に発達しており、通学や通勤など最も利用者が多い移動手段が電車です。東京は電車の路線の数が多いだけではなく、本数も多く、最終電車は0時前後まで運行しています。神奈川県や千葉県、埼玉県から電車で1時間かけて、東京まで通勤や通学している人も珍しくありません。少しでも家賃を節約したい外国人の方は、東京23区以外の場所を探してみると良いでしょう

東京23区以外のエリアは、武蔵野市や、多摩市、立川市、町田市、小金井市などのベッドタウンに住むことをおすすめします。特に住みたい街ランキングで常に一位を獲得している吉祥寺は、東京23区から少し離れていますが、JR中央線・総武線、京王井の頭線で、乗り換えなしで新宿や渋谷に行くことができ、交通の利便性の高さが大きな魅力です。ドン・キホーテ、ヨドバシカメラ、東急百貨店などの大型商業施設に加え、おしゃれな雑貨店・カフェ、レトロな商店街も揃っており、日用品からファッションアイテムまで何でも購入できます。また、外国人に人気がある三鷹の森ジブリ美術館、井の頭恩賜公園が近くにあり、休日に楽しめる場所も少なくありません。

外国人におすすめのシェアハウス探しに役立つ情報サイト

創業20年を誇る業界最大手のシェアハウス管理会社。東京はもちろん、関東地方で5,000室以上のシェアハウスを提供している。敷金や礼金、仲介手数料が無料、連帯保証人も不要、家具・家電、インターネット回線も賃貸料金に含めたシェアハウスを提供しており、来日後すぐに入居できる。英語、中国語、フランス語、韓国語などにも対応しているので、外国人でも利用しやすい。また女性専用フロアや男性専用フロアを設けている点も特徴の一つ。物件への問い合わせや、予約は全部サイト上で完結するので、面倒な手続きも必要ない。サイト上ではシェアハウス入居者の性別・国籍・年齢なども掲載しているので、入居前にどのような入居者がいるのか、状況を把握することができる点も嬉しい。

OAK HOUSE に行く

サイトの右上のフリーワード検索を利用し、「シェアハウス」というキーワードを入力することで、日本全国のシェアハウスの情報を簡単に絞り込むことができる。また、家賃や築年数、広さなどで並び替えることもできるので、希望条件に合ったシェアハウスを見つけやすい。住みたい駅ランキングや家賃相場、部屋探しマニュアルなどの独自コンテンツが豊富。無料会員登録を行うと、検索条件の保存や、お気に入り物件の登録が可能。

アパマンショップ に行く

外国人におすすめの東京の賃貸・シェアハウスの探し方

ワーキングホリデーや留学に東京に来ている外国人の方の多くが、東京に憧れを持っており、家賃が安く、利便性が高く、交通も便利な街を求める外国人も多いはず。特に女性の場合は、治安が良い場所を希望する傾向があります。家賃が高くてもおしゃれな地域に住みたい外国人もいれば、治安が少し悪くても家賃の安さを求める外国人もいらっしゃるので、学校や会社までの距離、家賃相場などを検討しつつ、自分が譲れる条件と譲れない条件をしっかり考え、住む場所を選択すると良いでしょう

家賃の安さ

東京都心に近ければ、近いほど家賃が高くなります。練馬区や葛飾区は家賃が比較的安いため、家賃を節約したい外国人におすすめです。また、駅から少し遠い物件や、築年数が古い部屋であれば、家賃が地域相場から5千円ほど安くなります。東京23区にこだわらなければ、立川市や、町田市、小金井市、武蔵野市などのベッドタウンを検討しても良いでしょう。

通学・通勤の時間

通勤時間が長くなると、疲れが溜まりやすいので、学校や職場に通いやすい場所に住みましょう。学校や大手企業が集中する地域は家賃が高くなる他、空き部屋が少ない傾向があるので、乗り換え1回で行ける場所や、通学・通勤時間まで40分以内で行ける地域の中から部屋を探すことがおすすめします

治安の良さ

日本は治安が良い国ですが、まったく犯罪がないわけではありません。新宿区や渋谷区、豊島区などの繁華街では犯罪率が高くなります。一人暮らしの外国人女性は、人通りが少ない場所や、駅から離れる裏道、暗い住宅街に住むことを避けましょう。一人暮らしの外国人女性は犯罪件数が少ない場所がおすすめです。

お役立ちツール
東京都犯罪情報マップ:東京都内で発生した犯罪情報を地図で検索することができるので、治安が気になる外国人の方はぜひ活用してください。

買い物の利便性

最寄り駅の周辺や、家の近くにコンビニ、スーパー、飲食店が充実しているところは、自炊でも外食でも住みやすい地域と言えます。また、ドラッグストアや、家電量販店、デパートなどの商業施設があれば、買い物には困りません。

外国人の人数

多くの外国人が住む地域では、区役所で英語ができるスタッフが駐在しているケースや、英語や中国語、韓国語などの多言語対応のホームページを設置していることが多いので、日本語ができない外国人でも比較的スムーズに手続きを行うことができます。また、外国人が多い地域では、シェアハウスや外国人OKの賃貸住宅が多いので、外国人留学生や、ワーキングホリデーの外国人、外国人労働者は希望する部屋を見つけやすいでしょう。

2018年の統計資料によると、外国人が多いエリアは東京都新宿区と江戸川区、外国人が少ないエリアは千代田区、中央区です。

2018年東京23区に住んでいる外国人の人数(国籍別)
中国人 台湾人 韓国人 米国人 ベトナム人
最も多いエリア 江戸川区 新宿区 新宿区 港区 新宿区
最も少ないエリア 千代田区 千代田区 千代田区 墨田区 千代田区

外国人におすすめの東京賃貸住宅情報サイト

東京はもちろん、日本全国の賃貸物件を簡単に検索することができる。市区町村からの検索に加え、東京の人気路線や、人気の駅からも検索することも可能。また、「保証人不要」「家具家電付き」「敷金礼金なし」「女性専用」など豊富な特集ページを用意しているので、希望の条件を満たす東京の賃貸物件の情報を簡単に絞り込むこともできる。またDOOR賃貸サイト経由で東京の物件に問い合わせ、60日以内に契約すると、最大100,000円の現金をもらえるキャンペーンを実施中。(※お祝い金の受け取りには別途申請が必要。2019年9月30日まで)。

DOOR賃貸 に行く

約89万件を超える東京の賃貸マンション・アパート、シェアハウスの情報を掲載している。また、物件の外観や部屋の内部の写真等も多くの物件が掲載しており、来日前の外国人も部屋の様子を想像しやすい。お問い合わせや見学予約など、全部無料。「賃貸部屋探しマニュアル」「申し込み・契約のチェックポイント」「引越し完全マニュアル」等、東京の部屋探しに役立つコンテンツが豊富。「保証人不要」「敷金・礼金なし」「家具・家電付き」など、外国人が検索しやすい賃貸特集ページも多い。

Suumo に行く

豆知識日本東京の賃貸探しに役立つ情報

間取り

  • 1R(ワンルーム):一つの部屋に仕切りがなく、全てつながっています。1Rは1Kと比較すると、家賃が安い傾向にあります。例えば、東京都新宿区の賃貸アパートの家賃相場は、1Kが8万6千円に対して1Rは7万4千円と1万2千円安くなります。(2019年3月時点)
  • 1K(ワンケー):キッチンと部屋の間に、ドアで仕切られています。

賃貸住宅の種類

  • アパート:階数が2階から3階程度で、木造や軽量鉄骨造で建てられているものが該当します。マンションと比較すると、家賃は安い傾向があります。家賃をできる限り抑えたい外国人や、騒音・他人の生活音をあまり気にしない外国人はアパートにおすすめです。
  • マンション:3階建て以上、鉄骨鉄筋コンクリート造や鉄筋コンクリート造、鉄骨造で建てられているものが該当します。防音性が比較的に高く、家賃や共益費などがかかります。セキュリティや防音性を重視する外国人におすすめです。

生活Life

編集部のおすすめRecommend

日本ワーキングホリデー&留学Instagram