投資初心者の外国人におすすめの投資

このサイトについて

日本語

外国人におすすめの投資とは?初心者でも始めやすい投資の方法を解説

  • 留学生
  • ワーキングホリデーの方

最終更新日|

日本ワーキングホリデー&留学編集部

外国人におすすめの投資とは?初心者でも始めやすい投資の方法を解説

外国人におすすめの投資とは?初心者でも始めやすい投資の方法を解説

日本であっても、海外であっても生活していく上で、お金は必要不可欠です。新型コロナウイルスは経済に大きな影響を与えており、給料やボーナスの減額、リストラが相次いでいます。欧米と比較すると被害が少ないと言われている日本も例外ではありません。日本に住んでいる外国人の中には、「貯金が足りなくて不安」「今後の生活が心配」という方も多いはず

お金を増やす方法として、最も効率的な方法が投資です。ただ投資を検討している方の中には「お金を増やしたい」と思っているものの日本でのやり方がわからず、取り組めていないという外国人の方も多いはずです。

投資には様々な方法があり、必ずしも多額の資金が必要になるわけではありません。本特集では、日本に住んでいる外国人や投資初心者が知っておきたい投資の種類や投資の方法、注意点、それぞれの投資方法のメリット・デメリットをわかりやすく説明します。また、投資におすすめの日本の金融機関の情報も厳選して紹介します。投資を始めたいと考えている外国人の方は、本特集を参考に、自分に合った投資方法を見つけましょう。

目次

外国人におすすめの投資!初心者でも始めやすい投資の方法とは?

初めて投資する外国人の方にはリスクが低い代わりにリターンも限られる、ローリスク・ローリターンの投資がおすすめです。なかには1万円どころか、1,000円程度から投資にチャレンジできるサービスも。定期預金以外、元本の保証はありませんが、万が一の際もリスクが限定されるので、安心して投資することができます。また、少額投資を行うことで、投資の感覚や経験を養うことができる点も大きなメリットです。

どんな投資にも元本割れのリスクがあります。投資を始める際に損失が出る可能性を想定し、無理がない範囲で投資することが重要です。投資にはリスクが大きいほどリターンも大きくなる傾向があります。将来必要になるお金をしっかり確保した上で、取ったリスクに見合ったリターンが得られる投資方法を選択しましょう

ローリスク ミドルリスク ハイリスク
ローリターン 定期預金
外貨預金
ポイント投資
おつり投資
ミドルリターン 株式投資(現物株)
不動産投資
株式投資(信用取引)
ハイリターン FX投資

外国人におすすめの投資方法

その1:定期預金(ローリスク・ローリターン)

最低投資額
1円(※金融機関によって異なる)

ゼロ金利、マイナス金利が続いている現在の日本では、普通預金の平均金利は0.001%程度と非常に低い水準になっています。銀行口座に普通預金をしていても、ほとんど利息を受け取ることができません

その一方で定期預金は、お金を預けてから一定期間引き出すことができません。その代わりに普通預金よりも高い金利が適用されます(※厳密に言うと解約は可能ですが、解約すると金利は普通預金以下になります)。最大のメリットは、普通預金と比較すると、効率よくお金を増やすことができる点です。また、定期預金は預金保険の対象であり、1,000万円以内であれば国が元本と利子を保障してくれるので、非常にリスクが低い投資の一つと言えます。日本政府が破綻しない限り、お金を預け入れるだけで利息を受け取ることができるので、初めて投資を考えている外国人にとって、最もリスクが少ない簡単な投資方法です。

預入期間は数か月単位から年単位まで自由に選択することができます。ただし、定期預金を途中解約する場合は、預金金利が大幅に下がり、中には解約手数料を取られるものがある点には注意が必要です。長く預け入れるほど金利が高くなりますが、お金を使う予定や在留期限を考慮しつつ、預入期間を決めておきましょう。

定期預金におすすめの銀行

あおぞら銀行とGMOインターネットが提携し、設立したネット銀行。円定期預金もメガバンクと比較すると、高い金利を提供しており、2021年8月現在、6か月もの及び1年ものの円定期預金を0.03%で預け入れることが可能。また、GMOクリック証券の口座も一緒に利用することで、普通預金110倍の0.11%という高金利が適用できる。さらに、利用状況に応じて月最大20回振込手数料が無料になる他、VISAデビットカード還元率最大1.2%など、サービスが充実。定期預金用の銀行口座を作りたい外国人の方にとって、GMOあおぞらネット銀行は、利用すべき銀行と言える。新規口座開設キャンペーンを実施しており、口座開設完了月の開設月、翌月、翌々月の3か月間のVisaデビット付キャッシュカードの利用金額に応じて、通常のキャッシュバックとは別に最大5,000円がもらえる

GMOあおぞらネット銀行 に行く

その2:外貨預金(ローリスク・ローリターン)

最低投資額

  • 外貨普通預金1通貨単位(※金融機関によって異なる)
  • 外貨定期預金10通貨単位(※金融機関によって異なる)

外貨預金とは、日本円ではなく、米ドルやユーロ、英ポンドなどの外貨で行う預金のことです。預けた通貨によって利息が付与されます。一部の外貨預金は日本の円預金よりも高い金利が設定されており、高い利息収入を期待できます。ただし、日本円を外貨に換金して預け入れる際と、外貨を日本円に戻して引き出す際、為替手数料が発生するので、為替手数料が安い銀行を選びましょう。また、預入れた際よりも円高になった場合、損失が発生、円安になればその分利益が増える点も外貨預金の特徴です。

「円高の時に外貨を購入し、円安になったら売る」のが外貨投資の原則です。中央銀行の金利政策や、世界各国の経済情勢によって、為替レートが影響されているので、為替レートの動きや世界各国の政治、経済情勢を常にチェックしておきましょう

その3:ポイント投資(ローリスク・ローリターン)

最低投資額
100円単位(※証券会社によって異なる)

ポイント投資は、クレジットカードやネットショッピングの利用などで貯まったポイントを利用し、投資する方法です。現金を使わずに、Tポイントやdポイント、楽天スーパーポイント、nanacoポイント等のポイントで金融商品(国内株式や投資信託など)を購入できるので、お金が減るリスクがない、投資初心者におすすめの投資方法と言えます。また、100円分など少額から投資することができ、お小遣い稼ぎとして投資したい外国人や、リスクを負いたくない外国人にぴったりです。

ポイント投資を行うためには、投資アプリや証券会社の口座開設が必要です。スマホやパソコン、インターネットに繋がる環境があればOK。口座開設は無料で取引もオンラインで完結する点もポイント投資の魅力。その一方でポイント投資は、少額取引が多く、収益に対して手数料の割合が大きくなる場合も少なくありません。ポイント投資で利益を出すためには、取引手数料が安い証券会社を選びましょう。また、証券会社によっても取り扱い商品は異なりますが、一般の投資と比較すると、投資対象が限られており、自由度が低い傾向があります。

ポイントは日常生活での買い物等で自然と貯まっていくので、投資のための資金を用意しなくても投資できる点は大きなメリットです。ただし、ポイント投資を行うには、ある程度まとまったポイント数が必要です。ポイントを獲得しようと無駄遣いをしてしまうことに注意しましょう。

ポイント投資におすすめの証券会社

ショッピングモール大手「楽天」グループのネット証券会社。ショッピング等で貯めた楽天スーパーポイントを1ポイント=1円換算で投資信託や日本国内株式に投資できる。手数料の安さに加え、トレーディングツール「マーケットスピード」を無料で利用できる点も楽天証券の最大の魅力。「マーケットスピード」は20種類以上の分析チャート機能を備えており、株価や売買情報、日経平均、NYダウ、外国為替などをリアルタイムで更新。ニュースや日経テレコンも無料で閲覧できる。楽天グループのサービスを利用している外国人や、貯めた楽天スーパーポイントでポイント投資を行いたい外国人であれば、口座開設しておくべきだろう

楽天証券 に行く

その4:おつり投資(ローリスク・ローリターン)

最低投資額
1万円(※会社によって異なる)

おつり投資は投資の専門知識が不要で、誰でも簡単に始めることができる少額投資の方法です。家計簿アプリはクレジットカードや電子マネーと連携しておくことで、キャッシュレス決済を行う度に、おつり相当額を自動的に投資することができる仕組みです。例えば、設定額が1,000円で600円の買い物をした場合は、1,000円-600円=400円という計算式で、400円のおつりが投資に回されます。設定額は自分で選択可能、1か月分のおつりを合計し、自動的に投資口座に移動されます。つまり、いつも通り買い物をするだけで、少額ずつ投資することができます

おつり投資におすすめの投資アプリ

トラノコはおつり投資やポイント投資などの少額投資に対応した投資アプリ。5円から投資できるので、投資初心者でも無理なく投資をスタートできる。おつり投資の単位や、投資上限額は自由に選択可能。投資資金は指定の銀行口座から月に1回、自動的に手数料無料で引き落とされるので、積立投資を検討していいる方はチェックしておきたい。また、投資商品はリスクとリターンのバランスに応じて3種類のプランを提供。自分のリスク許容度に合ったプランを選択できる。さらに、ANAマイルやnanacoポイントなどと提携しており、ポイントやマイルを利用した投資にも対応しており、アプリ内のアンケート記入や動画視聴をすることで、投資資金が貯まる。利用料金は月額300円(税込)の。ただし登録後3か月間は無料で利用できる。おつりやポイント、マイルを活用したい外国人の方や、リスクを最小限に抑えたい投資初心者は、ぜひ登録しておきたい投資アプリの1つ。

トラノコ をダウンロード

その5:FX投資(ハイリスク・ハイリターン)

最低取引単位
1,000通貨

FXは、Foreign exchange(外国為替証拠金取引)の頭文字を取った言葉です。2つの異なる通貨を売買することで、通貨間の金利差による利益を狙う投資方法として、高い人気を誇っています。外国為替は常に変動しているので、円が上がると思ったら買い、円が下がると思ったら売ることで、利益を上げることができます。FXは手数料が低く、少額から気軽に始められる投資の1つ。10,000通貨から取引できるFX会社が多いものの、最低取引単位を1,000通貨に設定しているFX会社も増えてきています。

FX投資の最大の特徴は、手持ちの資金より大きな取引ができる「レバレッジ」という仕組みがあることです。「レバレッジ」を使うことで、手元の資金を担保に、資金の1倍から25倍までの金額の外貨を取引できます。例えば、10万円の資金に10倍のレバレッジを利用すると、100万円(資金の10倍)を投資することができ、利益も大きくなります。その一方で損失も10倍になるリスクがある点には注意しましょう。投資初心者の外国人の方は、まず1、2倍程度の低いレバレッジからFXをスタートすると良いでしょう。

FX投資は株と異なり、月曜日から金曜日までの24時間取引できるので、仕事が忙しい外国人の方でも、取引時間を確保しやすい点も大きな魅力です。

FX投資におすすめの証券会社

GMOクリック証券はIT大手GMOグループのネット証券会社。最大の特徴は取引手数料を業界最安水準に設定している点。株式やFX、先物・オプションなど様々な投資商品を業界最安水準の手数料で購入できるので、手数料を無駄遣いしたくない外国人の方は利用する価値がある。また、取引ツールが充実しており、チャートを見ながらタイミングを逃さず発注できるスピード注文チャートも利用できる。FX取引高8年連続日本国内第1位を獲得する等、圧倒的な実績を誇っており、FX投資を検討している外国人の方にもおすすめできる。現在、新規FX取引口座を開設し、口座開設の翌々月末の最終営業日のニューヨーククローズまでに、新規建て取引を行うと、最大30,000円をキャッシュバック!(※過去にFX取引口座を開設したことがある方が対象外)

その6:株式投資(ミドルリスク~ハイリスク・ミドルリターン)

最低投資額
数百円(※金融機関によって異なる)

株式投資とは、上場企業が発行した株式を証券取引所経由で購入する投資方法です。株式投資は、株式の値上がりや配当金、株主優待等、様々なリターンを期待できます。購入した価格よりも株価が上昇した場合は、売却することで値上がり益を得られます。また、投資した企業の多くが利益の一部を配当という形で株主に還元します。企業の決算後、年に1、2回程度配当金を受け取ることができます。さらに、一部企業は持ち株式数に応じて、企業の商品やサービス、割引券などの株主優待を発行しています。

その一方で株価は様々な要因に影響されているので、値上がりするものばかりではありません。株価が購入時の価格より下がっている際に株を売った場合は、損失が発生します。また、1つの銘柄に集中投資すると、利益が出た際に、最大限の利益を受け取ることができますが、その一方で大きな損失が発生するリスクも大きくなります。株式投資に慣れていない投資初心者の外国人は、まず少額且つ分散投資を行うことがおすすめします

株式投資におすすめの投資アプリ

日本初の株式の売買手数料を完全無料にした投資アプリ。アプリ内にオンラインコミュニティを用意。ユーザー同士で投資に関する情報を交換できるので、投資初心者の外国人が投資情報を収集する上でも役に立つ。STREAM(ストリーム)は投資アプリの操作がシンプルでスマホとネット環境さえあれば、簡単に株の売買を行うことが可能。また、マイナンバー確認書類と在留カード(有効期限が3か月以上)をアップロードすることで、オンラインで口座開設が完了し、最短翌日から株式投資を始めることができる。取引にかかる手数料を節約したい外国人の方や、通常の取引所よりお得な価格で取引したい外国人の方、他のユーザーと交流しつつ投資を勉強したい初心者の方にとって、利用する価値がある投資アプリの一つ。

STREAM(ストリーム)投資アプリ に行く

その7:不動産投資(ミドルリスク・ミドルリターン)

最低投資額
100万~300万円(※頭金分。物件価格の10%程度が目安)

不動産投資とは、ワンルームマンションやアパート、戸建て、店舗などの不動産を購入し、その不動産を賃貸することで、定期的に賃料収入を受け取ることや、その不動産を購入した金額以上で売却することで、利益を得る投資方法です。不動産投資の適性利回りは4%~5%のため、うまく運用することであれば、大きな利益を出すことが可能です。

不動産投資の最大のメリットは、定期的に安定した賃料収入を得られる点です。FX投資や株投資は世界情勢や景気によって大きく変動しますが、不動産投資はこれら2つと比較すると、変動が限定されます。例えば賃貸している住居に入居者がいれば、継続的に賃料収入を得ることが可能です。ただし、他の投資方法と比較すると、手間や時間がかかり、土地や建物の修繕が必要になったり、価値が下がるリスクもあります。また、空室になると、賃料収入がなくなるだけではなく、管理費や修繕費などの日常的な支出もあるので、空室が長期化する場合は、運用上のリスクも大きくなります。不動産投資を行う際に、人口の動向や立地、周辺環境など慎重に検討しましょう。

不動産投資におすすめの投資会社

投資物件の選定から購入後の入居者募集、クレーム対応まですべてサポートしており、煩わしい不動産管理業務は行わず、家賃収入を受け取るだけでOK。不動産投資初心者でも安心して利用することができる。人口集中、賃貸需要が高まる都市部の中古ワンルームマンションに特化しているので、安定した家賃収入が期待できる。ワンルームマンションであれば、サラリーマンやOLでも無理なく投資を始めることができる点も大きな魅力。投資した不動産物件の管理や、収支シミュレーション、最新の投資物件などはすべて無料アプリ「Renosy Insight」で確認できる点も便利。性別、家族構成などを入力することで、無料で不動産投資の資料を受け取ることもできる。日本で不動産投資を行いたい外国人の方は要チェック。

Renosy に行く

投資初心者の外国人が投資する際の注意点

余剰資金で投資する

投資は元本が保証されていないので、大きな損失が発生した場合に、生活に支障が出るリスクがあります。家賃や光熱費、食費など日常生活に必要なお金や、近い将来使う予定のお金はしっかり確保しておきましょう。初めて投資を行う外国人の方は、必ず余剰資金で投資することが大切です

投資目標を設定にする

投資目標を設定にすることで、モチベーションを高めることができます。老後の準備や不動産購入といった大きな目標はもちろん、結婚資金や海外旅行などの身近な目標を設定するのも良いでしょう。「とにかく儲けたい」という漠然とした目標よりも、具体的な投資目標をしっかり把握し、それに見合った投資方法を選ぶことが大切です

許容できる損失を決める

どんな投資にも損失してしまうリスクがあります。損失することもあらかじめ想定して、投資を始めることが大切です。例えば、10%の損失が出たところで撤退するなどと事前に決めておけば、万が一の際に、パニックに陥って損失を拡大させることもある程度防ぐことができます。

分散投資

一つの投資にすべての資金を投入すると、損失が発生した際にすべて失ってしまう可能性があります。リスクとリターンのバランスを考慮した上で、複数の投資先に分散投資することで、リスクも減らすことができます

長期運用

短期投資は、一時的な要因により変動を繰り返し、短期間で利益を得られる点が魅力ですが、損失が膨らむリスクが大きい傾向にあります。一方、長期間に渡って投資する場合は、リスクが小さくなり、収益が安定化しやすい点が最大のメリットです。初めて投資する外国人は自分の在留期限に合わせ、長期運用を行うことをおすすめします

生活Life

編集部のおすすめRecommend

日本ワーキングホリデー&留学Instagram