外国人におすすめの短期で借りられる賃貸

このサイトについて

日本語

外国人が短期で借りられる賃貸 - マンスリーマンション・ウィークリーマンション・シェアハウス

  • 留学生
  • ワーキングホリデーの方

最終更新日|

日本ワーキングホリデー&留学編集部

外国人が短期で借りられる賃貸

外国人が短期で借りられる賃貸

日本の賃貸住宅は契約期間が2年と定められているケースが大半です。日本在留期間が1年もしくは2年未満の短期留学や、ワーキングホリデーで日本に来る外国人は、2年契約の賃貸住宅を借りることができない場合があります。一方でマンスリーマンションやウィークリーマンション、シェアハウスといった短期賃貸は通常の賃貸住宅と異なり、1か月単位または1週間単位から契約可能です。また、マンスリーマンション、ウィークリーマンション、シェアハウスは、テーブルやベッドなどの家具、冷蔵庫、テレビ、電子レンジ、洗濯機などの家電が用意されているケースが多く、契約後すぐに入居できるというメリットがあります。

日本に旅行やワーキングホリデー、短期留学で来た外国人はもちろん、中長期滞在予定の外国人は部屋探しの間の仮住まいとしてマンスリーマンション・ウィークリーマンション、シェアハウスの活用がおすすめです。また、既に日本に住んでいる外国人は、中長期出張や旅行、家族にコロナ感染者が出た際の自主隔離などにマンスリーマンション・ウィークリーマンションを活用することも良い選択肢の一つ。

本特集では、外国人が短期で利用できるマンスリーマンション・ウィークリーマンションやシェアハウスなどの短期賃貸の特徴、メリット・デメリット、外国人がマンスリーマンションやウィークリーマンション、シェアハウスを契約する際の条件をわかりやすく解説します。また、外国人が借りられるマンスリーマンション・ウィークリーマンションサイトや、外国人が短期で利用できるシェアハウス予約サイト、お得に1週間以上滞在可能なホテル予約サイトも紹介。

ワーキングホリデーや短期留学で日本に来た外国人、中長期出張の滞在先を探している外国人、部屋探しの仮住まいを探している外国人の方は、本特集を参考に、居住期間や予算を考えた上で、自分のニーズに合った短期賃貸を見つけましょう。

日本での居住期間 おすすめの滞在方法
1か月未満
1か月以上~1年未満
1年以上~2年未満
2年以上の長期滞在

目次

外国人が短期で借りられる賃貸ーマンスリーマンション・ウィークリーマンション、シェアハウス

外国人が短期で賃貸できるマンスリーマンション・ウィークリーマンションとシェアハウスには、契約期間や費用面に特徴があります。本チャプターでは、それぞれの特徴やメリット、デメリットについて解説します。

マンスリーマンション・ウィークリーマンション

マンスリーマンションとは月単位で、ウィークリーマンションは週単位で契約できるマンション・アパートのことです。マンスリーマンション・ウィークリーマンションは、日常生活で必要になる家具や家電が設置されており、インターネットも完備。すぐに日本での新生活をスタートすることができます。契約時に利用期間を決め、家賃をまとめて一括前払いするケースがほとんど。通常の賃貸住宅より家賃が高い傾向がありますが、ホテルに連泊する場合と比較すると安価です。マンスリーマンション・ウィークリーマンションは、ホテル・旅館と通常の賃貸住宅の中間にある宿泊施設と言えます。

メリット

  • 礼金や敷金など高額な初期費用や退去費用がかからない
  • 家具や家電が揃っている
  • 通常の賃貸住宅と同様にプライベート空間を確保できる
  • 電気・ガス・水道・インターネットなどが完備している

デメリット

  • 家賃が比較的に高い
  • 家賃は一括前払いが多いので、まとまった金額が必要
  • 住民登録ができない場合がある
おすすめの外国人が借りられる短期賃貸サイト

最短30日から最長100日まで1日単位で契約できる「短期プラン」、最短90日から30日単位で契約できる「マンスリープラン」、1年から月単位で契約できる学生限定の「学割プラン」を用意。様々な短期賃貸プランを選択することができ、日本での滞在期間が短い外国人にも利用しやすい。特に外国人留学生は学生限定の「学割プラン」が要チェック。

敷金、礼金、仲介手数料が一切不要で初期費用を抑えられる。生活に必要な家具・家電が付いており、契約手続きと入居手続き完了後、すぐに入居可能。物件によって、インターネットや布団セットなどの有料オプションを選択できる。また、家賃に水道代やガス代、光熱費が含まれているので、面倒な水道・電気開通手続きが必要ない。サービスセンターは英語・中国語・韓国語・ベトナム語、ポルトガル語に対応するので、日本語ができない外国人でも安心して利用できる

レオパレス21 に行く

シェアハウス(Share House)

シェアハウス(Share House)はマンスリーマンション・ウィークリーマンションと異なり、一つの住居の中で複数の人が共有スペースをシェアし、生活します。テレビや洗濯機、電子レンジなどの家電が備わっており、これらの設備も他の入居者と共有することになります。

シェアハウス(Share House)の魅力は、マンスリーマンション・ウィークリーマンションや通常の賃貸住宅と比べると、家賃が比較的にリーズナブルな点です。礼金や敷金などの初期費用もかかりません。シェアハウス(Share House)は契約期間が最短1か月から1年間までが一般的。短期留学の外国人はもちろん、ワーキングホリデーの方でも気軽に借りることができます。日本での滞在期間が短い外国人や賃貸費用を抑えたい外国人の方は、シェアハウス(Share House)がベストな選択肢でしょう。

メリット

  • 長期滞在の場合は家賃を抑えられる
  • 保証人不要や入居審査がゆるいケースが多い
  • 家具や家電が付いている
  • 友達を作りやすい

デメリット

  • キッチンやお風呂、トイレなどを共用するので、自由に使えないこともある
  • 他の入居者に気を遣いつつ、生活しており、ストレスが溜まる
おすすめの外国人が短期契約できるシェアハウス(Share House)

東京、神奈川、千葉、埼玉などの関東地方を中心に、5,000室以上のシェアハウスを取り扱う。日本語、英語、中国語、フランス語、韓国語など5か国語に対応しており、日本語が苦手な外国人の方でも利用しやすい。連帯保証人が不要で敷金や礼金、仲介手数料も無料。入居期間は最低1か月、退去後も手数料なしで再契約することが可能。問い合わせやシェアハウス予約などは全てサイト上で完結しており、Zoomアプリでのオンライン下見にも対応しているので、日本に来る前に部屋の状況をチェックすることができる。また、公式サイト上ではシェアハウス入居者の国籍・性別・年齢なども掲載。どのような方と一緒に暮らすのかを把握できる点も嬉しい。。

オークハウス に行く

外国人が利用できる1週間以上滞在可能なホテル・民宿

ホテル・民宿

ホテルや民宿は利用料金を支払えば、審査や契約、手数料不要で、誰でも気軽に利用できます。また、アメニティが揃っており、部屋の清掃も行ってくれるので、スーツケース一つの荷物だけで、生活をスタートできる点は大きなメリットです。連泊割引があるホテルや長期滞在に特化したホテルを利用することで、時期や利用期間、地域によって、ウィークリーマンションより安くなるケースもあります。1週間~1か月程度で日本に滞在する外国人や、手間や手続きが最低限で済みたい外国人の方には、ホテルや民宿の利用がおすすめです。

おすすめの長期滞在をお得に予約できる宿泊予約サイト

STAY JAPANは、他の宿泊予約サイトにはない個性的な日本宿泊施設を予約できるサイト。都会のマンションの一室から、貸別荘、日本伝統の古民家、お寺、田舎の農家、民宿まで、様々なタイプの宿泊施設を取り扱う。2019年日本国土交通大臣賞を受賞しており、取り扱う物件は日本自治体の認可を受けているので、安心して利用できる。

宿泊の予約には無料会員登録が必要。Facebookアカウントやメールを利用して無料会員登録完了後、「本人確認」ページからパスポートなどの身分証明書の写真をアップロードするだけでOK。支払方法はクレジットカード(デビットカード)決済に対応しており、予約成立時にクレジットカード決済される。普通の宿泊だけではなく、農業体験や漁業体験、カモ猟体験、お寺修行など様々な体験を提供する宿も多数掲載。日本ならではの文化を体験したい外国人の方は、要チェック。

STAY JAPAN に行く

7日以上半年以内の長期滞在に特化したホテル予約サイト。平均20%割引価格でホテルを予約できるので、他の宿泊予約サイトよりリーズナブルな料金で宿泊可能。書類提出や審査など面倒な手続きもない。また、初期費用や手数料、保証金、水道代・光熱費、インターネット費用なども宿泊費用に含まれる。

日本全国650宿泊施設以上と提携しており、ビジネスホテルや旅館、リゾートホテルなど、ラインナップも豊富。また、駅名や無料Wi-Fi、キッチン、禁煙などの条件からホテルを検索することができ、希望の条件を満たすホテルを見つけやすい。1週間以上の予約をすると、ホテルにより宿泊料金の2~4%が楽天ポイントで還元されるので、楽天カードを持っている外国人の方は要チェック。7日以上の旅行や部屋探しの仮住まいはもちろん、テレワークや1週間気分転換をしたい外国人におすすめ

マンスリーホテル に行く

外国人がマンスリーマンション・ウィークリーマンション、シェアハウスを短期で契約する際の条件

外国人がマンスリーマンションやウィークリーマンション、シェアハウスなどの短期賃貸物件を契約する際、必要になる一般的な条件を説明します。

①日本語でのコミュニケーションができる

外国人がマンスリーマンション・ウィークリーマンション、シェアハウスの契約書類は、日本語で書かれており、日本語でコミュニケーションができることが必須条件になるケースが大半です。また、入居後のトラブルの発生を避けるため、日本語で最低限の日常会話ができるかどうかをチェックされるケースもあります。一方で外国語で対応できる外国人向けのマンスリーマンション・ウィークリーマンション、シェアハウスも増えているので、日本語ができない外国人の方は、外国語で対応可能な短期賃貸物件を探すと良いでしょう。

②身分証明書の提出

外国人がマンスリーマンション・ウィークリーマンション、シェアハウスなどの短期賃貸を契約する際に、身分証明書を提出する必要があります。外国人の身分証明書にはパスポートが指定されるケースが大半です。ただし、管理会社や物件によって、在留カードや学生証、社員証などの提示が求められることもあるので、短期賃貸を探す際に、契約時に必要な書類を事前に確認しておきましょう。

生活Life

編集部のおすすめRecommend

日本ワーキングホリデー&留学Instagram

本サイトにはプロモーションが含まれます。