外国人でも加入できる自動車保険

このサイトについて

日本語

  • 日本語

外国人でも加入できる自動車保険ー加入条件と選び方を解説

  • 留学生
  • ワーキングホリデーの方

最終更新日|

日本ワーキングホリデー&留学編集部

外国人でも加入できる自動車保険ー加入条件と選び方を解説

外国人でも加入できる自動車保険ー加入条件と選び方を解説

日本では自賠責保険(強制保険)と自動車保険(任意保険)に大きく分けられます。自賠責保険は全ての自動車の所有者に加入が義務付けられている強制保険です。しかし、自賠責保険が補償するのは被害者の死亡と高度後遺障害だけです。自分の自動車や、相手の自動車などの物の損傷への補償はありません。一方で自動車保険(任意保険)は「車両保険」「搭乗者傷害保険」「対物賠償保険」「人身傷害保険」など、自賠責保険ではカバーできない部分の補償を受けることができます。事故の被害者だけではなく、運転者や同乗者、自動車事故も補償対象の1つです。

また、自動車保険にはロードサービスや事故処理などが付帯しており、自動車事故だけではなく、自動車の故障やガス欠などにも速やかに対応してくれます。自動車保険は万一の事故への備えであり、安心して車に乗るための保険と言えます。

交通事故がいつ、どこで起こるかは予測できません。万が一のために、自動車保険へ加入しておきましょう。

本特集は外国人でも加入できる自動車保険に注目し、その特徴やサービス内容、英語または外国語対応の状況等も比較。また、外国人が自動車保険に加入する条件や必要な書類、選び方についてもわかりやすく解説します。さらに、自動車保険無料一括見積もりサービスも厳選して紹介。日本の自動車保険の加入を検討している外国人の方や、現在の自動車保険を見直したい外国人の方、自動車保険の保険料を節約したい外国人の方は、本特集を参考に、自分に合った自動車保険を見つけましょう。

外国人におすすめの自動車保険無料一括見積サービス

保険スクエアbang自動車保険一括見積サービスを利用すると、イーデザイン損保、三井ダイレクト損保、三井住友海上など、英語・中国語・韓国語への対応可能な自動車保険に最大で20社に一括見積を無料で取得することができる。見積り結果を入力完了後すぐに、「メール」で受け取れる点も嬉しい。統計データでは、従来までの自動車保険の保険料と比較すると平均約35,000円の節約に成功している。また、基本補償や特約といった自動車保険の基礎知識から、保険料を安く抑えるテクニック、難しい専門用語の説明、事故対応の満足度比較まで、自分に合った自動車保険に加入するために必要な情報が充実。初めて自動車保険に加入する外国人や、自動車保険の見直しを考えている外国人はぜひ利用したいサービスの一つ。

保険スクエアbang!~ 自動車保険一括見積 に行く

目次

外国人が自動車保険に加入するための条件について

外国人が自動車保険に加入するための条件は、下記の通り(※保険会社によって一部異なる)です。

運転免許証を持っている

外国人が自動車保険に加入する際は、運転免許証の提出が必要です。自動車保険会社が認める運転免許証には以下の3種類があります。自動車保険への加入を希望する外国人の方は、必ず免許証を用意しておきましょう。

  • 日本在住時に取得した日本の運転免許証
  • ジュネーブ条約加盟国で発行された国際運転免許証(※台湾、スイス、ドイツ、フランス、ベルギー、スロベニア、モナコを除く)
    ジュネーブ条約加盟国で発行された国際運転免許証を持っている外国人は自動車保険に加入することができますが、日本へ入国後、一年が経過すると、国際運転免許証では日本で車を運転することができません。日本に一年以上滞在する外国人の方は、以下の手順に従い、日本の運転免許証の取得をおすすめします。
  • 自国の運転免許証を日本の運転免許証に切り替えたもの
    日本に3か月以上滞在しており、住民登録を行った外国人の方は、各地域の警察署または運転免許センターで書類審査や適性試験、学科試験、技能試験に合格すれば、自国の運転免許証を日本の運転免許証へ切り替えることができます
    自国の運転免許証(原本)、その免許証の日本語翻訳文、国籍記載の住民票またはパスポート、6か月以内に撮影した写真を持参し、手続きを行いましょう。(※自分で翻訳した訳文は無効。必ず財団法人日本自動車連盟や当該国の駐日大使館(台湾日本関係協会)で発行された翻訳文の提出が必要です。)
    ※台湾、韓国、アイスランド、アイルランド、アメリカ合衆国(オハイオ州、バージニア州、ハワイ州、メリーランド州及びワシントン州に限る)、イギリス、イタリア、オーストラリア、オーストリア、オランダ、カナダ、ギリシャ、スイス、スウェ-デン、スペイン、スロベニア、チェコ、デンマーク、ドイツ、ニュージーランド、ノルウェ-、ハンガリー、フィンランド、フランス、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、モナコ、ルクセンブルクなどの国で発行された有効な運転免許証を持っている外国人は、技能試験及び学科試験が免除されており、日本の運転免許証に簡単に切り替えることができます。

日本語の一定の理解

外国人が自動車保険に加入する際に、日本語の申込書類や約款、重要事項説明などの内容を理解する必要があります。保険会社によって基準が少し異なりますが、自動車保険の書類は日本語で書かれており、多くの自動車保険の加入条件は日本語が理解できることが必須になります。最近、事故連絡やロードサービスの要請は英語や中国語などの外国語で対応できる自動車保険が増えてきており、日本語に自信がない外国人は、外国語で事故対応可能な自動車保険に加入すると良いでしょう。ただし、外国語対応可能な自動車保険であっても、トラブルの発生を避けるため、自動車保険に加入する際に日本語の読み書き能力がある程度チェックされます

外国人が自動車保険に加入する際に必要な書類

外国人が日本で自動車保険に加入するためには、基本的に在留カード(特別永住者証明書)、車検証、運転免許証、自動車保険証券(※既に自動車保険に加入しており、見直しを検討している場合)が必要です。
自動車保険の見積りを取得する段階で上記の書類が必要になるため、事前に用意しておきましょう。また、保険会社によって、保険料の支払に使用する日本の銀行口座を持っていることを条件としているケースもありまる。加入したい自動車保険が決定したら、必要な書類について念のため確認しておくと良いです。

外国人が加入できる自動車保険の選び方

自動車保険は各社の特徴、保険料、補償内容が全く異なります。保障内容や保険料、ロードサービス、事故対応、補償額などをしっかり比較し、自分に合う自動車保険を選ぶことが重要です。その一方で外国人が注意すべきポイントもあります。以下に外国人が自動車保険を選ぶポイントを解説しているので、是非チェックしてみてください。

外国人が加入できる自動車保険の選び方のポイント その1
外国人の加入条件をチェックする

外国人が自動車保険に加入する際の条件は保険会社によって異なります。保険会社が設定した条件を満たしていなければ、加入できないので、自動車保険への加入申込を行う前に、自分が加入条件を満たしているかどうかをしっかり確認しておきましょう。

外国人が加入できる自動車保険の選び方のポイント その2
途中解約のルールを確認する

日本の自動車保険の多くは、契約期間を1年間に設定。契約期間中に、在留期限が切れる方や帰国する必要がある場合は、途中解約手続きを行う必要があります。保険会社によって途中解約のルールが異なるので、解約払戻金制度の有無や、途中解約の受付期間、違約金の有無などもしっかり確認しておくと良いでしょう

外国人が加入できる自動車保険の選び方のポイント その3
外国語対応可能かどうかを確認する

自動車保険の加入手続や、事故対応、ロードサービスなどについて、基本的に日本語で対応することが大半です。近年、日本在住の外国人が増えてきており、外国語での事故対応サービスを提供している保険会社も増えています。自動車保険に加入する際に、外国語での事故対応をサポートしているかどうかを確認しておくと良いです

  • ロードサービスの要請、事故対応、事故後の保険請求は外国語で対応していることが可能ですが、加入手続や加入時の書類、保険約款などはすべて日本語対応のみのため、日本語を正確に理解することが求められます。

外国人におすすめの自動車保険無料一括見積サービス

SBIホールディングスが運営する自動車保険一括見積サービス。最短3分で最大20社の自動車保険の見積を一括で取ることができる利用者数や参加保険社数は自動車保険一括見積サービスの中でも最大規模。また、各自動車保険の割引情報・特約の一覧表や、事故対応サービスの比較等、幅広いコンテンツも提供している。さらに、自動車保険はもちろん、火災保険や海外旅行保険、生命保険などの見積りもサイト上で取ることができる。自動車保険以外の保険全般の見直しを行い、節約したい外国人の方にとって、インズウェブは利用する価値がある自動車保険一括見積サービスの1つだろう。

インズウェブ 自動車保険一括見積 に行く

日本国内4,000万人以上が利用する比較サイト「価格.com」の自動車保険一括見積サービス。所有している自動車に関する書類(保険証券や売買契約書など)を用意しており、条件を入力するだけで、大手損保会社やダイレクト損保、英語対応可能な損保会社など、全16社から見積りを取得できる。また、「自動車保険の選び方」「自動車保険満足度ランキング」など自動車保険に加入する際に役立つコンテンツが充実しているので、合わせてチェックしておきたい。

自動車保険一括見積サービス 価格コム に行く

外国人でも加入できる自動車保険

ソニー損保 自動車保険
特徴
  • 17年連続でダイレクト自動車保険の販売実績トップを誇る。
  • 1つの事故に1人の担当者とサポートチームが担当しており、事故の際に、スピーディーな対応に定評がある。
事故対応
  • 外国語による事故対応サービス
    英語・中国語(北京語)・韓国語・タイ語・ベトナム語・インドネシア語・タガログ語・ネパール語・ポルトガル語・スペイン語・フランス語・ドイツ語・イタリア語・ロシア語・マレー語・ミャンマー語・クメール語・モンゴル語など18か国語
  • 24時間365日受付。事故対応中の中途経過報告あり。
ロードサービス 全国約9,700カ所のサービス拠点。レッカーは150kmまで無料。
個人賠償特約 補償額:1事故につき最高3億円
支払方法 クレジットカード、銀行振込(三井住友銀行)、インターネットバンキング払、振込票
チューリッヒ保険会社 スーパー自動車保険
特徴
  • レッカー距離100kmまで無料等、業界最高レベルの無料ロードサービスが付帯。
  • 事故対応満足度91.3%。
  • 7つの割引プランを提供しており、保険料を節約できる。
事故対応 24時間365日受付。1事故1担当制を採用。
ロードサービス 全国約9,500カ所のサービス拠点。現場から最寄の指定工場まででは距離の制限なく無料。
個人賠償特約 補償額:3,000万円、5,000万円、1億円の中から選択
支払方法 クレジットカード、銀行振込、銀行口座振替、コンビニ払い
三井ダイレクト損保 自動車保険
特徴
  • 保険料の安さと事故対応満足度、ロードサービスに定評あり。
事故対応
  • 外国語による事故対応サービス
    英語、中国語、韓国語、ポルトガル語、インドネシア語、タイ語、タガログ語、ベトナム語、ネパール語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、ロシア語、マレー語、クメール語、ミャンマー語など17か国語
  • 24時間365日受付。1事故1担当制。
ロードサービス 全国約3,200カ所のサービス拠点。指定修理工場までは距離の制限なく無料。
個人賠償特約 なし
支払方法 クレジットカード、銀行振込(三井住友銀行)、インターネットバンキング払い、振込票
イーデザイン損保 自動車保険
特徴
  • イーデザイン損保は、日本最大の損害保険会社「東京海上グループ」の損害保険会社。
  • 「無事故割引」を導入しており、1年間無事故を達成すると、翌年の保険料が割引になる。
事故対応
  • 外国語による事故対応サービス
    英語・中国語(北京語)・韓国語・タイ語・ベトナム語・インドネシア語・タガログ語・ネパール語・ポルトガル語・スペイン語・フランス語・ドイツ語・イタリア語・ロシア語・マレー語など15か国語
  • 24時間事故受付。
    専任担当者+東京海上グループの高い技術力と専門性を持ったスタッフと連携。
ロードサービス 全国約9,300カ所のサービス拠点。指定の最寄り修理工場までは距離の制限なく無料。
個人賠償特約 補償額:最高1億円
支払方法 クレジットカード、コンビニ払い

生活Life

編集部のおすすめRecommend

日本ワーキングホリデー&留学Instagram