外国人が作れる審査不要なクレジットカード

このサイトについて

日本語

審査不要!外国人でも作れるプリペイド式クレジットカード

  • 留学生
  • ワーキングホリデーの方

最終更新日|

日本ワーキングホリデー&留学編集部

審査不要!外国人でも作れるプリペイド式クレジットカード

審査不要!外国人でも作れるプリペイド式クレジットカード

外国人が日本のクレジットカードを作るには、クレジットカード会社の審査に通らなければいけません。外国人のクレジットカードの審査基準はクレジットカード会社により異なりますが、日本人と比較すると、審査基準が厳しく、発行するのは容易ではありません。審査が厳しい理由は様々ですが、外国人がクレジットカードの返済をせず、急に帰国してしまうと、クレジットカード会社に大きな損害が発生することもその理由の一つでしょう。

楽天カードYahoo!JAPANカードなど、外国人でも審査に通りやすいクレジットカードが存在しているとは言っても、審査に落ちてしまい、クレジットカードを作れないという外国人は少なくはありません。(※特に、収入が安定していない外国人留学生や、日本滞在期間が短いワーキングホリデーの外国人は審査に落ちやすい傾向があります。)

ただ日本での日々の生活や買い物の際、クレジットカードがあれば便利であることもまた事実。

日本でクレジットカードを作りたい外国人の方には、審査不要なプリペイド式クレジットカードがおすすめです。プリペイド式クレジットカードであれば、審査が必要ないため、日本に在住している外国人であれば、簡単に申請することができます。また、プリペイド式クレジットカードは、チャージされている残高から利用金額を差し引く方式を採用しているので、日本の銀行口座を持っていない場合でも、利用することができます

本特集では外国人でも作れるプリペイド式クレジットカードの利用方法や特徴をわかりやすく解説。また、プリペイド式クレジットカードのメリット、デメリットについても説明します。さらに、外国人におすすめのプリペイド式クレジットカードもピックアップ。日本のクレジットカードの審査に落ちた外国人で、どうしてもクレジットカードを必要という方は、本特集を参考に、人気のプリペイド式クレジットカードを比較しながら、自分にとって一番利用しやすいクレジットカードを申し込みましょう。

目次

審査不要!外国人でも作れるプリペイド式クレジットカード

プリペイド式クレジットカードとは前払い式のクレジットカードです。事前にチャージしておけば、チャージ残高の範囲内で、クレジットカードと同じように利用することができます。ここでは、外国人でも作れるプリペイド式クレジットカードの特徴を説明します。

審査不要、外国人でもすぐ作れる

通常のクレジットカードのような年収や職業などの審査が要りません。カードを申し込む際に、有効期限内の在留カードと個人番号(マイナンバー)確認書類(※)があれば、外国人でも手軽に利用することができます

  • 個人番号(マイナンバー)確認書類は、個人番号カードや、通知カード、マイナンバー付の住民票、いずれかの書類です。

日本の銀行口座を持っていない外国人でも利用可能

通常のクレジットカードやデビットカードの代金は、銀行口座から引き落とされるので、カードを申し込む際に、日本の銀行口座を登録する必要があります。一方でプリペイド式クレジットカードは銀行振込やATM振込、コンビニ入金などでチャージしておけば、すぐカードを利用でき、銀行口座を必ずしも必要としません。来日して6ヵ月未満で銀行口座を開設できない外国人の方でも、プリペイド式クレジットカードを簡単に利用できます

使い方は通常のクレジットカードとほぼ同じ

プリペイド式クレジットカードはVISA、Mastercardなどの国際ブランドが付いており、通常のクレジットカードが利用できる店舗はもちろん、ネットショッピングにも利用することができます

年会費・入会費無料

プリペイド式クレジットカードは海外サービス手数料や海外ATM手数料、払い戻し手数料などがかかりますが、年会費・入会費無料なカードが多く、日本国内のみで利用する場合、ほぼ手数料は不要です。

利用状況を把握しやすい

プリペイド式クレジットカードを利用するたびに、登録したメールアドレスにお知らせを送るため、利用状況をすぐに把握できます。また、利用明細やチャージ残高を会員専用ページでいつでも確認でき、負担なく支出管理をすることが可能です。万が一、不正利用が発生した際にも、すぐに発見できるでしょう。

外国人におすすめなプリペイド式クレジットカード

審査不要、日本に在住している13歳以上の外国人であれば、24時間オンライン申込可能なプリペイド式クレジットカード。Visaと銀聯2種類のブランドを選択することができ、中華圏の外国人におすすめ。在留カードとマイナンバー確認書類(通知カードor個人番号カードor個人番号入り住民票の写し)を撮影し、アップロードすれば、申込OK!1週間程度、カードが手元に届く。チャージ金額の上限は100万円、金融機関ATMや窓口、インターネットバンキング、セブン銀行ATM、セブンATMから簡単にチャージすることができる。カード申込・発行、年会費、チャージ手数料が全部無料。海外ホテル5%割引予約サービス、国際線荷物配送サービスなどneo money限定のお得なサービスを利用可能。

ネオ・マネーカード(neo money) に行く

世界シェア率No2であるMasterCardのプリペイド式クレジットカード。日本在住の15歳から75歳までの外国人であれば、インターネット経由で最短5分程度で申込可能。日本円はもちろん、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、香港ドルなどのチャージにも対応。また、米ドルをチャージしておけば、マネパカードにチャージできない外貨でも現地ATMで引き出すことができる。(※3%のクロスボーダー手数料が必要。)為替レートが良い時に、会員専用ページ上で円から外貨に両替しておけば、いつでも両替した時のレートで利用することができる。入会金、年会費が全部無料。日本国内でのショッピング利用額の0.5%が還元されるので、日常生活の買い物もお得

マネパカード に行く

プリペイド式クレジットカードのメリット、デメリット

プリペイド式クレジットカードのメリット

  • 審査不要、未成年の外国人留学生でも利用可能
    プリペイド式クレジットカードは審査不要で、オンライン上から簡単に申し込むことができます。また、年齢制限も通常のクレジットカードと比較すると低いため、未成年(18歳未満)の外国人留学生の申し込みにも対応しています
  • 日本でも海外でも利用することができる
    プリペイド式クレジットカードは、通常クレジットカードのように日本国内の店舗やネットショッピングに利用することができます。また、海外旅行や一時帰国の際に、海外でのショッピングや現地通貨の引き出しも可能です。
  • 母国への仕送り、海外送金に便利

    日本から母国にいる家族に送金する場合、銀行の海外送金サービスを利用することが一般的です。その際は高額な海外送金手数料を避けられません。実はプリペイド式クレジットカードは、高い海外送金手数料を節約するために活用することもできます

    その方法は簡単です。チャージしたプリペイドクレジットカードを家族に渡すだけでOK。これだけで海外にいる家族は海外ATMから現地通貨を引き出すことができます。海外サービス手数料や海外ATM手数料が必要になりますが、銀行の海外送金手数料と比較すると、断然安く済みますし、まとめた金額で一回引き出すことで、手数料を大幅に抑えることができます。また、会員専用ページから残額を確認し、必要に応じてすぐチャージすることができ、便利です。

プリペイド式クレジットカードのデメリット

  • 定期的な支払いや、金額が確定していない支払いは利用不可
    プリペイド式クレジットカードは光熱費・ガス・水道などの公共料金、携帯電話料金、インターネット料金といった定期的な支払いに利用することができません。また、ホテルの事前予約、レンタカーのデポジットなど、金額が確定していない支払いにも利用できません。
  • チャージした金額以上の利用はできない
    プリペイド式クレジットカードは、事前にチャージした金額以内でしか支払えないので、残高不足の場合、カードを利用できなくなります。また、プリペイド式クレジットカードは有効期限があるので、使いきれないほどチャージをしないように注意しましょう。(※払い戻しには日本の銀行口座が必要です。その際は払い戻し手数料がかかります。)
  • 一括払いしか対応できない
    決済方法はクレジットカードとほぼ同じですが、分割払いや自動引き落としには対応していません

外国人におすすめなプリペイド式クレジットカード

ネオ・マネーカード(neo money)

ネオ・マネーカード(neo money)

カード申込に必要な書類
  • 有効期限内の在留カード
  • 個人番号(マイナンバー)確認書類:通知カード・個人番号カード・個人番号入り住民票の写しのうちいずれか1点
※在留カード、個人番号(マイナンバー)確認書類の内容(氏名・生年月日・住所)と申込内容が異なる場合、カードを発行できません。
申込資格 13歳以上、日本国内に住んでいる方
入会金・年会費 無料
利用範囲 日本国内、海外
チャージ金額の上限 100万円
海外サービス手数料 海外ショッピング、海外ATMの利用は、Visaまたは銀聯が取引実施日に決定した為替レートに4%を乗じます
海外ATM手数料 海外ATMでの現地通貨引出し、または残高照会、1回につき216円
払戻し手数料 540円(税込)
特徴
  • 海外ホテル5%割引予約サービス、国際線荷物配送サービスなど会員限定サービスを提供
その他の注目ポイント
  • 世界シェアトップを誇るVisaブランド・中国最大の銀聯ブランド、1枚ずつを申込が可能。
  • 海外でネオ・マネーカードを利用すれば、外貨両替と比較すると、最大42%お得!特にアジア通貨はお得!

ネオ・マネーカード(neo money) に行く

  • 2018年12月時点(内容は変更になっている可能性があります)

マネパカード

マネパカード

カード申込に必要な書類
  • 有効期限内の在留カード
  • 個人番号(マイナンバー)確認書類:通知カード・個人番号カード・個人番号入り住民票の写し(発行後6ヵ月以内のもの)のうちいずれか1点
申込資格 15歳以上、75歳未満、日本国内に住んでいる方
入会金・年会費 無料
利用範囲 日本国内、海外
チャージ金額の上限 振込入金の場合は100万円、コンビニ予約入金の場合は30万円
コンビニ入金手数料 3万円未満486円(税込)
3万円以上594円(税込)
海外ATM手数料 海外ATMから現地通貨を引き出す際に、1回につき約2USD。(※外貨により異なります)
払戻し手数料 540円(税込)
特徴
  • 1枚のカードに日本円、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、香港ドルなどの6通貨をチャージすることができます
その他注目ポイント
  • 日本国内での利用還元率5%
  • 使い切れない外貨を日本円に戻す際に、手数料無料

マネパカード に行く

  • 2018年12月時点(内容は変更になっている可能性があります)

プリペイド式クレジットカード、クレジットカード、デビットカードの比較

プリペイド式クレジットカード クレジットカード デビットカード
申請
  • 審査不要
  • 日本の銀行口座振替登録不要
  • 審査が必要
  • 日本の銀行口座振替登録が必要
  • 審査不要
  • 日本の銀行口座振替登録が必要
利用可能額 チャージ残高の範囲内 利用限度額の範囲内 口座残高または利用限度額の範囲内
支払方法 カード利用時に引き落とし カード利用後、銀行口座から引き落とし カードを利用した同時に、銀行口座から引き落とし
年会費 不要 要(※一部のカード不要) 不要
特徴
  • 日本の銀行口座を持っていなくても利用可能
  • 未成年の外国人留学生も申込可能
  • 安定している収入がない外国人でも申込可能
  • キャッシング機能を利用することができる
  • 分割払いにも対応
  • 付帯サービスが豊富
  • 銀行口座が必要
  • 年収や職業などの審査が必要
  • 一括払いのみに対応
  • 銀行口座が必要
  • 還元率が低い
  • ネットショッピングに利用できないことがある

生活Life

編集部のおすすめRecommend

日本ワーキングホリデー&留学Instagram