外国人の介護士

このサイトについて

日本語

  • 日本語

外国人向けの介護士の求人

  • 留学生
  • ワーキングホリデーの方

最終更新日|

日本ワーキングホリデー&留学編集部

外国人向けの介護士の求人

外国人向けの介護士の求人

日本は諸外国と比較しても少子高齢化が進んでおり、看護師や介護士の人手不足が深刻になっています。この問題に対処するため、日本では、これらの職種に対して外国人の受け入れをすすめています。介護士の仕事に関しては、これまではベトナム、インドネシア、フィリピンの三か国に限定し、外国人介護士の人材を受け入れていましたが、今後さらに外国人介護士の受け入れ数を増やす方針に対応するため、日本政府は2017年から在留資格に介護ビザを新しく追加することを決めました。

介護ビザを取得するためには、外国人留学生として来日し、介護士養成学校(都道府県知事が指定する専門学校・短期大学・大学)で2年以上勉強、介護福祉士資格を取得する必要があります。この要件を満たした外国人であれば、介護ビザの発行対象となり、日本で介護の仕事をする事が可能です。この介護ビザには国籍に制限がなく、申請要件を満たせば、どの国の外国人でも申請する事ができます。2017年4月26日時点では施行日が確定していませんが、条件を満たしている場合、施行日までの間は、特定活動という在留資格で外国人介護士として日本で仕事する事が可能です。

本特集では、介護士の仕事内容を説明し、外国人向けの介護士の求人例をご紹介します。また、外国人介護士の求人に強い求人サイトや、派遣求人サイトもピックアップ。さらに介護ビザを申請するには必要な介護福祉士資格について説明し、日本ワーキングホリデー&留学編集部がおすすめする介護士資格講座を探す際に便利な資格情報サイトもご紹介します。介護の仕事に興味を持っている外国人の方はもちろん、介護士の求人を探している外国人の方も、本特集を参考に希望を満たす条件の良い求人を見つけましょう!

外国人介護士の仕事内容

介護の仕事と一言で言っても、仕事内容は様々です。掃除や食事の準備、歩行の補助など比較的簡単な仕事から、入浴補助や就寝補助、メンタルケアなど専門的な知識が必要する仕事まで幅広い業務に取り組むことになります。また、施設により仕事内容が異なることも。ここでは、外国人介護士の仕事内容を説明します。

体の介護 食事、服薬、排泄、着替え、入浴、歯磨き、洗顔、移動(歩行や車いすへの移動)など日常生活で必要になる作業全般
生活サポート 部屋の掃除、食事の準備、洗濯、買い物などの家事全般
メンタルケア 話し相手になる、レクリエーション活動、介護施設の住人との交流促進など、精神面でのサポート全般
相談や助言 介護を受ける方や、その家族の方に介護に関する相談や助言を実施。具体的には介護用具の使い方の指導、自宅介護の注意点の助言なども含まれる

外国人向けの介護の求人

高齢化が進む中、介護業界では人手が不足しており、介護資格を持っていない方を採用することもめずらしくありません。特に、特別養護老人ホーム、高齢者グループホーム、ディサービスでは、介護助手や介護補助として介護士資格を保有していない方に関しても、募集しています。つまり、これらの業務であれば、介護資格を持っていない外国人の方でも介護業界で働くことが可能です。介護の仕事に興味を持っている外国人の方は、資格がなくても働ける業務を選び、まずはアルバイトとして介護業界で働いてみましょう。

ジョブメドレーで取り扱う外国人向けの介護仕事のアルバイト求人例
職種 老人ホームの介護ヘルパー
仕事内容 施設の入居者の生活をサポート。入浴・食事・排泄介助、レクリエーションや趣味活動のサポート、通院付き添い。
勤務地 千葉県
給与 時給900~1,000円※交通費全額支給
働き方 月に9日休み(2月は8日)
勤務時間 7:30~19:30の間の4時間以上
応募資格 外国人OK(日本語の読み書き、会話ができる方)、無資格可、未経験可

※2017年4月時点(内容は変更になっている可能性があります)

ジョブメドレー の外国人向けの介護仕事をチェック

外国人介護の求人に強い求人サイト

業界最大級の介護職専門の求人サイト。求人数は35,000件以上、アルバイト、派遣、正社員など様々な雇用形態の介護士求人を取り扱う。求人検索は、勤務地や希望する駅に加え、雇用形態、職種などからも絞り込むことができる。さらに無資格OKというこだわりの条件を設定することも可能。また、無料会員登録を行なわずに求人に応募することもできるなど、利便性も高い。その他にも都道府県別平均給料や、履歴書・職務経歴書の書き方など、転職に役立つ情報も充実。採用お祝い金ありの求人に応募し、採用が決定した場合は、お祝い金を申請する事もできる。

介護求人ナビ に行く

医療介護に特化した求人サイト。アルバイト、正社員など、様々な就業形態の介護求人が満載。無料会員登録をすることで、プロのキャリアコンサルタントによるサポートを無料に利用できる。また、最新の介護求人情報をメールで受け取ることも可能。会員の個人情報を公開せずに、雇用側からのスカウトメールを受け取る事もできる。「外国人」というキーワードで求人を検索すれば、簡単に外国人向けの介護求人を絞り込む事も可能

ジョブメドレー に行く

外国人介護の求人に強い介護派遣求人サイト

きらケアに無料登録を行うと、介護業界に特化したアドバイザーがヒアリングし、希望に沿った派遣求人を紹介。一般には公開されていない非公開求人の紹介を受けることもできる。また、派遣先が決まる前の面接や条件交渉、決まった後の仕事の悩みに関しても、しっかりサポートしているので、介護派遣初心者の方でも安心できる。在留カードを保有していれば未経験・無資格の外国人への求人紹介も行っている

きらケア に行く

介護のアルバイトや派遣求人に応募する際は、必ずしも介護士資格は必要ありません。ただし介護資格を持っていない外国人の方は、簡単的な介護業務を担当することになり、給与などの待遇面も介護士の資格保有者と比較すると低くなる傾向があります。また、任せられる仕事が制限されるため、アルバイトや派遣社員として働き続けていても、スキルアップという面でも課題がある他、介護ビザに変更し、正社員として働く事もできません。未経験・無資格の外国人の方は、介護士として正社員になるためにも、介護福祉士資格の取得を目指しましょう!

外国人が介護ビザを取得するための介護士資格

外国人が介護ビザを取得するには、介護福祉士資格が必須となります。ここでは、外国人が介護福祉士資格の取得ルートについて、分かりやすく解説します。

外国人向けの介護士の求人

介護福祉士資格は日本介護業界唯一の国家資格です。試験内容は筆記試験と実技試験に分けられており、筆記試験の出題範囲は「人間と社会」「介護」「こころとからだのしくみ」「医療的ケア」「総合問題」から出題されます。解答方式はマークシート方式の五肢択一式問題です。配点は1問1点、問題の総得点の60%程度、且つ指定の11科目群全てで得点がある事が合格基準となります。合格率は約60%、決して難しい資格ではないので、介護士資格講座をしっかり活用すれば、十分に合格できるはずです。

外国人におすすめの介護士資格情報サイト

ケア資格ナビ

受講地域で検索する事で、指定地域内の各スクール名、費用などを一覧表で表示されており、比較しやすい。講座概要や特徴などの詳細もサイト上で確認できる。無料でまとめて資料請求をする事ができる。介護・医療資格はもちろん、会計やIT、公務員、パソコンスキルなど日本就職に有利な資格講座も豊富。

ケア資格ナビ に行く

シカトル

介護・福祉・医療に特化した資格情報サイト。受講したい資格をチェックし、複数の講座案内を無料で一括資料請求する事ができ、使いやすい。資格講座数が豊富、日本全国の通学講座も通信講座も網羅。自分の好みの勉強スタイルに合わせ、選択する事ができる。

シカトル に行く