外国人向け住宅ローン

  1. トップ
  2. 外国人向け住宅ローン

外国人向け住宅ローン

外国人向け住宅ローン

ここ数年、日本で働く外国人や、日本に留学する外国人が急増しており、日本への長期滞在をきっかけに日本に住み続け、住宅を購入したいと考える外国人の方も増えています。また、現金で購入できる層は別として、一般的には住宅購入の際、必要になるのが住宅ローンです。多くの場合、住宅ローンは10年以上の長期に渡るため、3~5年の在留資格を持っている外国人では、住宅ローンを組む事はできません。日本の金融機関が提示している住宅ローンの借り入れ条件を見ると、ほとんどの金融機関が永住権を持っている外国人に限定しています

一方で、永住権がない外国人が日本の住宅ローンを利用できないという訳ではありません。実は、日本の一部の金融機関では永住権がない外国人に対して、住宅ローンの借り入れを行っています。この住宅ローンの審査に通過すれば、住宅ローンを借り入れる事が可能です

本特集では外国人向けの住宅ローンをピックアップ。永住権がある人向けの住宅ローンはもちろん、永住権がない人におすすめの住宅ローンもご紹介します。また住宅ローンの審査基準に関してもわかりやすく解説。外国人で日本の住宅ローンの利用を検討している方は、本特集を参考に住宅ローンをしっかり比較し、自分にとって最も適切な住宅ローンを利用しましょう。

外国人の住宅ローンの審査

外国人が住宅ローンを利用するためには金融機関による所定の審査を通過する必要があります。外国人向けの住宅ローンの審査基準は、金融機関により異なりますが、一般的な審査のポイントは以下となります。

本人の信用情報
住宅ローンを申込む本人の返済状況やカードローン残高などを信用調査機関に照会します。他のローン残高が多いや、返済遅延の履歴があると、住宅ローンの審査に不利になります。
安定した収入
安定した収入があり、確実に住宅ローンを返済できるかどうか審査されます。また、雇用形態や勤続年数、安定した収入の有無なども審査のポイントになります。勤続年数が短い人は、住宅ローンの審査が厳しくなります。
年齢
多くの金融機関は住宅ローン申込時の年齢が20歳以上、65歳未満となりますが、完済時の年齢も審査ポイントの一つです。収入が大幅に減る定年退職後に完済を目指すのであれば、住宅ローン審査が厳しくなります。
金融機関との取引状況
銀行の住宅ローンを申込む場合、その銀行の預金残高や、給与振込み口座の設定の有無等を審査される場合があります。
返済負担率
年収が低いほど住宅ローンの申込審査に不利になりますが、重要なのは収入と住宅ローン返済額のバランスです。年収により、異なりますが、年収の25~35%程度を年間返済額の上限として借り入れる事が一般的です。

外国人向け住宅ローン

外国人向けの住宅ローンの多くは永住権を持っている外国人の方が対象になります。つまり日本の永住権を持っている外国人の方であれば、日本人と同じ基準で住宅ローンを申し込み、審査を受ける事ができます。ただし、「永住権」を持っていたとしても、必ずしも審査に通過する訳ではありません。住宅ローンの審査は、日本での滞在年数や、勤務先、雇用形態、年収等、様々な条件を考慮した上で行われるため、満額の融資が受けられない場合や、融資額が減額される可能性もあります。

外国人におすすめの住宅ローン

住信SBIネット銀行 住宅ローン
住信SBIネット銀行 住宅ローン画像
金利・付帯サービスとともに、数ある住宅ローンの中でトップクラス。特に変動金利、固定金利3年、5年、10年といった短期から中期の住宅ローン金利が低く、1%を大幅に下回る金利を提示している。金利面での優位性に加え、保証料、団体信用生命保険料、8疾病保障無料、一部繰上げ返済手数料無料等、付帯サービスが充実。また、銀行口座の開設と住宅ローンの審査依頼をネットで同時に完結できる点も便利。
固定期間 2年~35年
金利 3年固定金利特約型0.50%、5年固定金利特約型0.52% 10年0.61%、30年1.33% ※2017年2月実行金利
借入可能額 1億円以内
保証料 無料
繰上げ返済手数料 無料※但し、固定金利期間中の全額返済の場合32,400円(税込)
繰上げ返済の方法 インターネット
その他の注目ポイント 団体信用生命保険料無料、8疾病保障無料付帯
ソニー銀行 住宅ローン
ソニー銀行 住宅ローン画像
ネット専業銀行大手「ソニー銀行」の住宅ローン。金利が低いタイプの住宅ローンと、手数料が安いタイプの住宅ローンを提供しており、数ある住宅ローンの中でもトップクラスの人気を誇っている。申込みから契約まで、手続きはすべてインターネットで完結するので、使いやすい。繰上げ返済手数料に加え、団信生命保険料も無料。また、固定金利から変動金利、変動金利から固定金利への切り替えを、簡単にできる点もソニー銀行の魅力の一つ。他の住宅ローンと比較しても金利、サービス面共に利便性が高く、永住権を持つ外国人であれば、利用を検討したい住宅ローンの一つ。
固定期間 2年~35年
金利 3年固定0.713% 10年固定0.787% 20年固定1.294% 新規購入で自己資金10%以上の場合 ※2017年2月実行金利(※優遇金利適用後)
借入可能額 500万円~1億円以内
保証料 無料
繰上げ返済手数料 無料 保証会社への手数料無料
繰上げ返済の方法 インターネット(24時間365日)
その他の注目ポイント 団体信用生命保険料無料、返済口座への資金移動無料、変動金利から固定金利、固定金利から変動金利への変更がインターネット上で行える
イオン銀行 住宅ローン
イオン銀行 住宅ローン画像
シッピングモール大手イオングループのネット銀行「イオン銀行」が提供する住宅ローン。通常金利は高いが特別金利が適用される変動金利、固定金利10年ものに関しては、他の銀行としても圧倒的な低金利を実現。また団体信用生命保険料、繰り上げ返済手数料共に無料と利便性も高い。その他にも住宅ローン利用者向けに様々な特別サービスを提供しており、イオングループのショッピングモールを利用する際、割引が適用されるため、イオンを利用する機会が多い人はメリットが大きい
固定期間 1年~35年
金利 3年固定0.380% 5年固定0.500% 10年固定0.690% ※2017年2月実行金利
借入可能額 1億円以内
保証料 無料
繰上げ返済手数料 無料 (※一部繰り上げ返済は50万円から可能。全額繰り上げ返済の場合54,000円(税込)
繰上げ返済の方法 店頭、自動返済
その他の注目ポイント 団体信用生命保険料無料、金利変更手数料無料、固定期間終了後も店頭金利優遇
イオンでの買い物が毎日5%OFF(※住宅ローン残高に応じた制限あり)

永住権なしの外国人向け住宅ローン

永住権なしの外国人は、住宅ローンを借りる難易度が高くなりますが、一部の日本の金融機関では、審査基準を満たせば永住権がない外国人に対しても、住宅ローンを提供しています。「永住権がある外国籍の配偶者または日本人の配偶者が連帯保証人になる」「頭金20%を用意する事」「日本に7年以上滞在し、勤続年数が3年以上である事」「安定した会社で働いている事」など、金融機関によって基準は異なりますが、一定の条件を満たしていれば、永住権なしの外国人でも住宅ローンを利用する事ができます

永住権なしの外国人におすすめの住宅ローン

新生銀行 住宅ローン
新生銀行 住宅ローン画像
新生銀行は外国人の住宅ローン審査に積極的に取り組んでおり、他の金融機関の住宅ローンと比較すると、審査に通りやすい事から、外国人に人気がある。永住権なしの外国人は「日本人配偶者または永住権を持っている外国籍の配偶者が連帯保証人になってもらう事」という条件を満たせば、住宅ローンの申込みが可能。また新生銀行は住宅ローンの借り入れを行うと、振込手数料の優遇や預金金利の優遇等、様々なサービスを提供。その他にも保証料無料、繰上げ返済手数料無料、団信保険料無料等、サービス内容も充実。
固定期間 1年~35年
金利 3年固定0.850% 5年固定0.850% 7年固定0.900% 10年固定1.100% 20年固定1.250%※2017年2月実行金利
借入可能額 1億円以内
保証料 無料
繰上げ返済手数料 無料
繰上げ返済の方法 インターネット、自動返済
その他の注目ポイント 保証料無料、団体信用生命保険料無料、事務手数料54,000円(※安心パック利用時は10万8,000円)
東京スター銀行 スターワン住宅ローン
東京スター銀行 スターワン住宅ローン画像
正社員だけではなく、安定した収入さえあれば、派遣社員や契約社員、外国人にも利用できる住宅ローン。また、一般的に住宅ローン審査は夫婦いずれかの収入が審査対象になるが、スターフィット住宅ローンは夫婦の収入を合算し、審査を行う事ができるので、住宅ローン審査に通りやすい。さらに返済開始から2年目以降、急な出費が重なり、返済が難しくなった際、返済を休む事ができる返済休暇制度が最高7年間(84回)利用できる。
固定期間 1年~10年※借入期間は最長35年
金利 3年固定1.050% 5年固定1.100% 10年固定1.600% ※2017年2月実行金利
借入可能額 500万円~1億円以内(年収や当行担保評価等により融資金額が制限される場合があります)
保証料 無料
繰上げ返済手数料 一部繰上げ返済(1回につき)21,600円、一括繰上げ返済32,400円
繰上げ返済の方法 店頭、オンライン
その他の注目ポイント 事務手数料10万8,000円(税込)