留学生の奨学金情報を紹介

このサイトについて

日本語

留学生の奨学金

  • 留学生

最終更新日|

日本ワーキングホリデー&留学編集部

留学生の奨学金

留学生の奨学金

2008年に日本の文部科学省によって、「留学生30万人計画」が策定されました。これは2020年までに、日本国内の外国人留学生を30万人に増やそうという計画です。その計画を実現するために、日本政府は受け入れ機関の整備、奨学金の充実などを推進しており、外国人留学生は様々な奨学金を利用できます。国費奨学金だけではなく、地方自治体、民間団体、各大学でも奨学金が支給されているので、物価も生活費も高い日本で暮らす留学生は、奨学金をうまく活用し、日本での留学生活を楽しみましょう!

国費外国人留学生奨学金

日本留学を希望する人は、大使館推薦、大学推薦、国内採用など三つの方法で応募できます。

大使館推薦(渡日前)

海外にある日本大使館あるいは総領事館が募集します。台湾人の場合、日本交流協会が募集します

大学推薦(渡日前)

日本の受け入れ大学が文部科学省に留学生を推薦します。大学推薦の有無は各大学に問い合わせましょう。

国内採用

日本国内の大学に在学する私費留学生が対象となります。

国費外国人留学生奨学金の募集時期や給費時期について、おおよそ次の通りです。(※詳細は各奨学金の問い合わせ先に必ずご確認ください。)

種類 募集時期 給費時期
大使館推薦(渡日前) 研究留学生 3月頃 翌年4月もしくは10月
学部留学生 翌年4月
教員研修留学生 1~2月頃 同年10月
高等専門学校留学生 3月頃 翌年4月
専修学校留学生
日本語・日本文化研修留学生 1~2月頃 同年9月もしくは10月
大学推薦(渡日前) 日本語・日本文化研修留学生 1~2月頃 同年9月もしくは10月
研究留学生 11~12月頃 同年10月
国内採用 研究留学生 10~11月頃 翌年4月

民間団体奨学金

選考基準及び申請方法は、各団体等により異なりますので、奨学金の応募を希望する方は、各団体の奨学金情報をご確認ください。

(財)交流協会奨学金(日本国内採用)

  • 応募資格:35歳未満、台湾籍を有する日本在住の者
  • 内容:¥144,000~¥148,000/月、授業料、帰国航空券など
  • 支給期間:4月から、修士課程または博士課程を修了するのに必要な期間(標準修業年限)
  • 募集期間:9月上旬~10月下旬
  • 募集人数:非公表

国際交流基金 日本研究フェローシップ

  • 応募資格:35歳以下優先、日本と国交のある国の出身者(ただし、台湾も応募可能)、人文・社会科学専攻分野の方(文化芸術交流、海外における日本語教育、日本研究・知的交流)
  • 内容:¥310,000/月、航空券など
  • 支給期間:4ヶ月~14ヶ月(延長不可)
  • 募集期間:9月~12/1(米国は11/2)
  • 募集人数:未定

(公財)野村財団奨学金

  • 応募資格:35歳未満、指定大学の社会科学・人文科学の大学院に在学する外国人留学生、研究助成金・奨学金を受けていない者
  • 指定大学:東京大学、一橋大学、京都大学、大阪大学、早稲田大学、慶應義塾大学
  • 内容:¥150,000/月
  • 支給期間:2年
  • 募集期間:10/1~11/29まで
  • 募集人数:10名

(公財)東華教育文化交流財団 私費中国人留学生奨学金

  • 応募資格:中国(香港・マカオを含む)、台湾出身
  • 内容:¥80,000/月
  • 支給期間:1年
  • 募集期間:11月~11/30まで
  • 募集人数:10名

日中医学協会 若手在留中国人研究者助成

  • 応募資格:35歳以下、中国出身、医学・歯学・薬学・看護並びに医療関連専攻分野の方
  • 内容:¥400,000/年
  • 支給期間:1年(延長不可)
  • 募集期間:12/1~1/14
  • 募集人数:2名