外国人留学生OKのシェアハウス

このサイトについて

日本語

外国人留学生におすすめのシェアハウス

  • 留学生

最終更新日|

日本ワーキングホリデー&留学編集部

外国人留学生におすすめのシェアハウス

外国人留学生におすすめのシェアハウス

外国人留学生が日本での滞在期間中に過ごす住居には、賃貸マンション・アパートでの一人暮らし、学生寮など様々な選択肢があります。その中でもここ数年、選択肢の一つとして注目を集めているがシェアハウスです。特に、東京や大阪、名古屋などの都市部では、賃料の安さや入居しやすさなど、様々なメリットがあることから、シェアハウスが増加してきています

シェアハウスは複数の入居者が、キッチンやリビング、トイレ、お風呂などの居住空間をシェアしつつ、個別の部屋で暮らす住居の総称です。一見するとルームシェアに似ていますが、最大の違いは管理人がいる点です。多くのシェアハウスは企業が運営しており、入居者それぞれが運営会社と契約を結びます。入居者同士でトラブルなどが発生した場合、管理会社が間に入り、対応してくれるので、安心できるのもシェアハウスの良い点と言えるでしょう。一方、ルームシェアは個人同士で一つの賃貸契約を結び、トラブルが起こった際に、ルームメイト同士で解決する他ない点には注意しましょう。

シェアハウスの最大の特徴は、契約の自由度が高い点です。通常日本の賃貸マンションやアパートの契約は2年単位が基本。対してシェアハウスの契約期間は最短1ヶ月からと短期で契約することができるので、外国人留学生はもちろん、ワーキングホリデーの方でも気軽に借りることができます。また、シェアハウスには、礼金や敷金、仲介手数料などの初期費用が不要となっているケースが多く、連帯保証人も必要ないため、日本という異国の地での賃貸マンションやアパートで一人暮らしする場合と比較すると、シェアハウスの方が外国人の方がスムーズに日本で生活を始めることができます。

本特集は、外国人留学生向けのシェアハウスに注目。日本のシェアハウスに住むメリット、デメリットを解説します。また、外国人留学生がシェアハウスを探す際に、注意すべきポイントや、外国人留学生OKのシェアハウスを検索できる賃貸情報サイトもピックアップし、ご紹介します。外国人留学生はもちろん、ワーキングホリデーの方や、日本で住まいを探している外国人の方は、本特集を参考に、お気に入りのシェアハウスを見つけましょう。

外国人留学生におすすめのシェアハウス情報サイト

日本全国のシェアハウス情報を掲載。エリア・駅沿線、賃料などの条件で絞り込むことができる。他の賃貸情報サイトと比較すると、シェアハウス物件の写真を数多く掲載しており、部屋のイメージが想像しやすい。お問い合わせや見学予約など、全てのサービスが無料。お気に入り登録機能や新着情報メールなどの便利な機能が充実している。

Suumo に行く

フリーワード検索機能で「シェアハウス」というキーワードを入力し、検索することで、日本全国のシェアハウス情報を絞り込むことができるので、使いやすい。無料会員登録を行うと、検索条件の保存や、お気に入り物件の登録が可能。外国人向けのシェアハウス物件はもちろん、学校名による検索ができる「キャンパスライフ応援特集」や、保証人不要特集などのコンテンツも充実。

アパマンショップ に行く

外国人留学生がシェアハウスに住むメリット・デメリット

外国人留学生がシェアハウスに住むメリット

  • 敷金・礼金が不要で、初期費用を安く抑えられる

    日本で賃貸住宅を契約する場合、一般的に約15~30万円の敷金、礼金、仲介手数料が必要です。しかし、シェアハウスには敷金や礼金が不要で、入居時にデポジットと呼ばれる約3~5万円の保証金だけでOK。さらにこの保証金は退去時に返却されることがほとんどです。(※入居者が設備を破損させた場合、デポジットは返金されません。)東京や大阪、名古屋などの都市部では家賃が高いので、敷金・礼金を抑えることができ、経済的に負担が少なくなります

  • 気軽に入居・退去ができる

    シェアハウスは契約期間が短く、家具や家電も付いているので、すぐに入居することができます。入居審査が必要になるシェアハウスもありますが、賃貸住宅の審査と比較すると、簡易で緩やかです。また、退去の際も30日前までに申請することで、違約金などを支払わず解約できるケースが多いので、外国人留学生や、ワーキングホリデーの外国人でも気軽に利用することができます。

  • 安心感があり、一人暮らしの不安が軽減される

    日本のことをまだよくわからない、日本に知り合いもいない外国人の方にとって、日本での一人暮らしは寂しく、不安なのものです。シェアハウスに住めば、部屋で一人の時間を持ちつつ、共有スペースに足を運べば、誰かと会話できる安心感を得ることができるので、一人暮らしの不安や寂しさを軽減することができます

外国人留学生がシェアハウスに住むデメリット

  • 苦手な人と一緒に住む可能性がある

    シェアハウスには様々なタイプの人が入居しており、共同生活を送ることになるので、必ずしも自分と性格の合う入居者ばかりではありません。なかには苦手な人もいるでしょう。

  • トイレや、お風呂などを自由に使えない場合も

    シェアハウスの入居者の生活リズムにはバラつきがあり、共用設備を利用する時間帯が全員重なることはありませんが、朝の出勤時間帯には共有スペースが混雑しやすい傾向があります。入居前に、シェアハウスの入居人数や、トイレ・お風呂・洗濯機の数などをチェックしておくと良いでしょう

  • 常に周囲に気を遣い、生活することになるので疲れが溜まることも

    シェアハウスでは、決められたルールを守りつつ、常に他の入居者に気遣い、生活する必要があるため、疲れてしまうこともあるでしょう。ただしシェアハウスは、門限が設けられている学生寮と比較すると、自由度が高い傾向があります。最低限のルールを守る必要がありますが、それさえしっかり守れば快適なシェアハウスの生活を楽しむことができるはずです。

外国人留学生がシェアハウスを探す際の注意点

入居者数を確認

シェアハウスには、入居者が約10人の少人数のシェアハウスもあれば、50人を超える大規模なシェアハウスもあります。また、大人数のシェアハウスでは敷地が広く、周囲の留学生や日本人との出会いが多い反面、人と繋がることによる難しさもあるでしょう。一方、少人数のシェアハウスは、他の入居者とのコミュニケーションが取りやすい傾向があります。どちらを選ぶのも自由ですが、他の入居者とのコミュニケーションを重視したい方は、少人数のシェアハウスが良いでしょう

共用設備を確認

シャワーや洗濯機はコイン式になっており、利用する度にお金が必要になるシェアハウスもあれば、共用設備の水道代・光熱費が別途請求されるシェアハウスもあります。コイン式の場合は、1回約100円~200円、毎日利用すると、お金がかかります。利用頻度や料金などを考え、1ヶ月分の費用を計算しておくと良いでしょう。

契約の更新・再契約の有無、中途解約のルールを確認しておく

シェアハウスは普通の賃貸契約と異なり、契約期間が満了した時点で、契約が終了することが原則です。シェアハウスに住み続けたい場合、契約の更新や再契約ができるかどうか事前に確認しておきましょう。また、中途解約できるかどうか、違約金の有無なども重要なポイントです。月の途中で退去した場合は、1ヶ月分の家賃と光熱費を支払わなければならないことも多いので、事前にしっかり確認しましょう。

鍵が付いているかどうかを確認

個室タイプのシェアハウスでは、部屋のドアに鍵が付いていることがほとんどですが、ドミトリータイプのシェアハウスの場合、収納スペースに鍵が付いているかどうかを確認する必要があります。

外国人留学生におすすめのシェアハウス情報サイト

日本全国のシェアハウス情報を豊富に取り扱う。無料会員登録すると、マイページで条件に合った最新物件情報を確認でき、条件を満たす物件が出てきた際にお知らせメールを受け取ることもできる。学生マンション・学生会館特集や、保証人不要特集、家具家電付き特集などのお役立ち情報が多い

Suumo に行く

フリーワード検索を活用し、「シェアハウス」というキーワードを入力することで、日本全国のシェアハウス情報を検索できる。外国人OKなシェアハウスはもちろん、学校名で近隣の物件を検索できる「キャンパスライフ応援」や、礼金・敷金不要賃貸物件などの役立つ特集を豊富に取り扱っており、シェアハウスを探す外国人留学生に使いやすい

アパマンショップ に行く

名古屋を中心にシェアハウス情報を取り扱う。エリアや路線はもちろん、低価格・女性専用・食事付き・無料英会話受講可能など、様々な切り口でシェアハウスを検索することができる。またシェアハウスは、定期的に清掃業者が掃除を行っており、シェアハウスの共有スペースが清潔に保たれている点も好感が持てる。バーベキューやお花見などのイベントを開催しているので、友達も作りやすい。名古屋への留学を検討している外国人留学生は、利用を検討すべきシェアハウスの一つ。

SHARE HOUSE180° に行く